原文链接

Ubuntu 18.04にVNCをインストールして構成する方法

Ubuntu/Debian

2021-01-19AdminLeave A CommentOn Ubuntu 18.04にVNCをインストールして構成する方法

目次 [hide]

VNCは「VirtualNetworkComputing」の略で、デスクトップシステムをリモートで共有するためのプロトコルのセットです。 TigerVNC、TightVNC、Vino、vnc4serverなど、Linuxベースのデスクトップにリモートでアクセスするために利用できるソフトウェアはたくさんあります。

TigerVNCは、Linuxベースのデスクトップシステムをリモートで制御またはアクセスするために使用される、無料のオープンソースで高性能なVNCサーバーです。 これは、リモートマシン上のグラフィカルアプリケーションと対話できるようにするクライアント/サーバーアプリケーションです。

このチュートリアルでは、Ubuntu 18.04LinuxシステムにVNCサーバーをインストールして構成する方法について説明しました。

前提条件

デフォルトでは、Ubuntuサーバーにはデスクトップ環境が含まれていません。 TigerVNCサーバーは、デスクトップシステムのみを制御するように設計されています。 したがって、サーバーにデスクトップ環境を追加する必要があります。

まず、次のコマンドを使用して、インストールされているすべてのパッケージを更新およびアップグレードします。

sudo apt update && apt upgrade 

システムが更新されたら、 tasksel デスクトップ環境をインストールするためのユーティリティ:

sudo apt install tasksel -y 

Taskselをインストールした後、次のコマンドを使用してTaskselユーティリティを起動します。

sudo tasksel 

次のインターフェイスが表示されます。

TaskselはUbuntuデスクトップをインストールします

矢印キーを使用してリストを下にスクロールし、検索します Ubuntuデスクトップ。 次に、スペースキーを押して選択し、Tabキーを押して[OK]を選択し、Enterキーを押してUbuntuデスクトップをインストールします。

すべてのパッケージがインストールされたら、システムブートをグラフィカルターゲットに設定する必要があります。 次のコマンドで設定できます。

sudo systemctl set-default graphical.target 

次、 再起動 変更を適用するためのシステム。

ステップ2– Ubuntu18.04にVNCサーバーをインストールする

デフォルトのUbuntu18.04 aptリポジトリには、TigerVNCサーバーパッケージが含まれています。 次のコマンドを実行するだけでインストールできます。

sudo apt install tigervnc-standalone-server -y 

TigerVNCをインストールした後、新しいユーザーを作成し、そのユーザーのVNCパスワードを設定します。

まず、次のコマンドを使用してtecadminという名前の新しいユーザーを作成します。

sudo adduser tecadmin 

次に、ユーザーをtecadminに切り替え、次のコマンドを使用してVNCパスワードを設定します。

su - tecadmin vncpasswd 

以下に示すように、希望のパスワードを入力します。

Password:
Verify:
Would you like to enter a view-only password (y/n)? n

次に、次のコマンドを使用してVNCサーバーを起動します。

vncserver -localhost no 

VNCサーバーが起動すると、次の出力が表示されます。

/usr/bin/xauth:  file /home/tecadmin/.Xauthority does not exist

New 'ubuntu1804:1 (tecadmin)' desktop at :1 on machine ubuntu1804

Starting applications specified in /etc/X11/Xvnc-session
Log file is /home/tecadmin/.vnc/ubuntu1804:1.log

Use xtigervncviewer -SecurityTypes VncAuth,TLSVnc -passwd /home/tecadmin/.vnc/passwd ubuntu1804:1 to connect to the VNC server.

次のコマンドを使用して、実行中のVNCサーバーを確認できます。

vncserver -list 

次の出力が得られるはずです。

TigerVNC server sessions:

X DISPLAY #     PROCESS ID
:1              30982

ステップ2–VNCクライアントのインストール

このセクションでは、RealVNC VNCクライアントをリモートマシンにインストールし、VNCサーバーに接続します。

RealVNCクライアントはからダウンロードできます。 RealVNCダウンロード ページ。 正しいシステムアーキテクチャを選択してください。 デフォルトのページは32ビットパッケージをダウンロードします。

ダウンロードが完了したら、次のコマンドを使用してダウンロードしたパッケージをインストールします。

sudo dpkg -i ~/Downloads/VNC-Viewer-6.20.529-Linux-x64.deb  

次に、GnomeアプリケーションメニューからVNCクライアントを起動します。 次に、をクリックします ファイルメニュー=>新しい接続 新しい接続を作成します。 次の画面が表示されます。

新しい接続RealVNCを作成する

提供する 名前 そして IPアドレス VNCセッションIDとともに :1 VNCサーバーの OK 接続を保存します。 保存した接続が次の画面に表示されます。

VNCビューア接続リスト

次に、新しく作成した接続をダブルクリックします。 以下に示すように、VNCパスワードを入力するように求められます。

vncサーバーを接続します

VNCパスワードを入力し、[OK]をクリックします。 接続すると、Ubuntuデスクトップ画面が表示されます。

Ubuntu18.04でVNCサーバーをセットアップする

ステップ3–デスクトップ環境用にVNCをセットアップする

開始する前に、-killオプションを指定したvncserverコマンドと、引数としてサーバーセッションIDを使用して、VNCインスタンスを停止します。

sudo vncserver -kill :1 

次の出力が得られるはずです。

XtigervncプロセスID1719を強制終了…成功!

次に、Gnomeと連携するようにTigerVNCを構成する必要があります。 これを行うには、.vncディレクトリ内に新しいファイルxstartupを作成します。

su - tecadmin  
nano ~/.vnc/xstartup 

次の行を追加します。

#!/bin/sh
exec /etc/vnc/xstartup
xrdb $HOME/.Xresources
vncconfig -iconic &
dbus-launch --exit-with-session gnome-session &

終了したら、ファイルを保存して閉じます。 上記のスクリプトは、TigerVNCサーバーを起動または再起動するたびに自動的に実行されます。

次に、〜/ .vnc / xstartupファイルに実行権限を付与します。

chmod u+x  ~/.vnc/xstartup 

ステップ5–VNC用のSystemdサービスファイルを作成する

次に、TigerVNCがVNCサービスを管理するためのsystemdファイルを作成する必要があります。 次のコマンドで作成できます。

sudo vim /etc/systemd/system/vncserver@.service
次の行を追加します。
[Unit]
Description=Remote desktop service (VNC)
After=syslog.target network.target

[Service]
Type=simple
User=tecadmin
PAMName=login
PIDFile=/home/%u/.vnc/%H%i.pid
ExecStartPre=/usr/bin/vncserver -kill :%i > /dev/null 2>&1 || :
ExecStart=/usr/bin/vncserver :%i -localhost no -geometry 1024x768
ExecStop=/usr/bin/vncserver -kill :%i

[Install]
WantedBy=multi-user.target

ファイルを保存して閉じてから、次のコマンドでsystemdデーモンをリロードします。

sudo systemctl daemon-reload 

次に、次のコマンドを使用して、システムの再起動時にVNCサービスを開始できるようにします。

sudo systemctl enable vncserver@.service 

次に、次のコマンドを使用してVNCサービスを開始します。

sudo systemctl start vncserver@.service 

結論

おめでとう! これで、Ubuntu 18.04 LTSLinuxシステムにVNCサーバーが正常にインストールおよびセットアップされました。 これで、vncビューアを使用してリモートシステムからUbuntuデスクトップに接続できます。


版权属于:芒果爱吃胡萝卜

本文链接:http://mangolovecarrot.net/2021/12/01/341

转载时须注明出处及本声明

Last modification:December 1st, 2021 at 07:13 am